パスコンパスの日記

何か色々作るのが好きです

【主に絵】10年の年賀状を振り返る

ぎりぎり一月なので年賀状の話をします。ここ10年程、年賀状の絵や作品を友達にLINEで送りつけていました。ここで唐突に振り返ってみようと思います。

2014年 午年

ペンタブを買った直後だったと思います。元々ドット絵のゲームを作りたくて買ったのでドット絵です。日の出がマリオの帽子になっているのがポイントです。一富士二鷹三茄子を入れています。

2015年 未年

茄子にめちゃくちゃフィーチャーしています。研究室にあるものを描いた記憶があります。ドットじゃないグラデーションの塗り方ができる様になってます。

2016年 申年

モンハンにハマっていました。UIも全部描いています。今見るとマジで時間有り余ってたんだなと思いました。

2017年 酉年

ポケモンにハマっていました。鳥ポケモンを描いて酉年をアピールしています。この頃の顔の描き方が何となく今のめかとろろ*1のキャラの描き方にも繋がっている気がします。

2018年 戌年

オタクじゃない友達にも送れる様にオリジナルにしました。申し訳程度の犬要素があります。パース何それ?で雰囲気で描いていますが割と気に入っています。

2019年 亥年

どこで完成として良いか分からず迷走した記憶があります。改めて見ると目の描き方が完全にめかとろろのそれです。

2020年 子年

この年はfusion360で3Dでレンダリングしてみました。よく見ると機構キーホルダが地面に突き刺さっていたりします。

2021年 丑年

2D、3Dと来たのでゲームを作ってみました。友人のutt君との共同制作です。大晦日ハッカソンというイベントで年末にオンラインで通話しながらガーッと作りました。スマホだと遊びづらいかもしれません。

https://unityroom.com/games/mow1do

2022年 寅年

前年の11月にめかとろろを描き始めました。テープLEDの光具合がお気に入りです。右下には絨毯の様な謎の虎が。

2023年 卯年

今年の絵です。こうやって並べてみると無難な感じでカロリー低めですね。もう少し新しいことにチャレンジしても良かったかも。

まとめ

10年近くの決まったテーマのものを並べてみると面白いですね。飽きない限りは続けてみようと思います。 描き始めた頃は身内に見せるためで外に出すことは一切考えていなかったのですが、 Twitterやブログを始めたり展示会に出たりしてから考えが変わってきたなと感じています。 読んで下さりありがとうございました。だいぶ今更感もありますが、今年もよろしくお願いします。

*1:ご存じでない方はぜひこちらから読んでいただけたら嬉しいです。工作の解説を追加した本もスイッチサイエンスさんから買えます。

togetter.com

【メモ】つくろがや!の反省と良かったところ

 しばらく間が空いてしまいましたが、先日つくろがや!が無事終了しました。 終わってすぐ大垣ミニメイカーフェアの準備やら何やらしていたらあっという間に時間が経ってしまいました。

 今回初開催で色々と至らない所があったので自分用の覚え書きと、今後イベントをされる方の参考になればという思いで残します。前半はあんまり楽しくない内容になるかもです。それも記事としてどうかと思うので、楽しかったことについても後半書きたいと思います。扱いとしては「公式アナウンス」というよりは「イベントを初めてやってみた人の個人的な感想」位の位置付けで読んでいただけるとありがたいです。

サイトはこちらです。

tsukurogaya.nagoya

反省点

募集開始の時間について

 今回は初開催ということもあり、透明性を重視してNTイベントの様なスプレッドシート記入いただく方式で募集をしました。開始時間を「〇〇時頃」と記載していたのですが、とある参加希望の方から「具体的な時間を載せてほしい」とコメントいただきました。その通りで、いつかいつかと1時間待っていただくのは大変です。ページ更新の読み込み等で「頃」と記載していましたが、「〇〇時」にアナウンスを変更させていただきました。こういった告知は時間は決めておいて、注で「遅れる場合があります。」と書くのが良いことを学びました。ありがとうございます。

部屋について

 予約時に分かっていたことではあったのですが、部屋が狭かったです。広い部屋は予約が埋まってしまっていた…。さらに狭い部屋に欲張って机を配置してしまったため、机の隙間がほとんどない位置があり、一部の出展者の方に大変ご迷惑をおかけしました。申し訳ありません。今後は余裕を持って人が通れる位の隙間は確保します。

アクセスについて

 公民館の様な施設の2Fの一室をお借りしたため、部屋までのアクセスが分かりづらいというアンケート回答をいただきました。運営メンバーに余裕がある場合は交代で部屋までの案内人を立てると良さそうです。また、近くにコンビニ等もなかったのでその辺りも事前アナウンスできると親切だったと思います。

配信について

 ここが1番の反省です。事前に何度かテストをしていたのですが、想像以上にうまくいきませんでした。開始直前にPCが固まる、スマホ(カメラ代わり)との通話の声を拾わない、会場の盛り上がりが想像以上でインタビュー関連以外の声や音を拾ってしまう、逆に声を拾えなくなる、通信が固まる等等、なぜ今起きるのかという様な現象が多発しました。

www.youtube.com

 今後簡単で1番効果がありそうと思った対策は「可能な限り有線にする」ではないかなと思います。スマホとDiscordで通話してPCから配信していたのですが、PC側でYouTubeへの配信とdiscordの通話と通信を2つしていたのは負担が大きかった様です。PCカメラ、PCマイク(指向性有)であればそういったトラブルはなかったでしょう。PC重いですが…。通信は減らせるなら減らすべきでした。大きい会場だとwifiも繋がりにくそうですね。

名前について

 「つくろがや!」という言い方はしないといったご指摘を何人かの方からいただきました。これは私含め運営メンバーの名古屋弁への理解不足によるものです。実は私は出身が名古屋近辺ではありません。最初期の頃に地元出身のメンバー含め相談をして案を出し多数決を取り最多票の「つくろがや!」としていましたが、改めてTwitterの方でアンケートを取ったりしても良いかもしれません。「つくろまい!」とか「つくろみゃー!」とかが良いのかなぁ。次回が近づいたら考えます。名前は慎重に決めましょう。

良かったこと

 反省はこれ位にして良かったことを書きましょう。つくろがや!めちゃくちゃ楽しかったので前半だけ読んで勘違いいただいたらもったいないです。

名札が好評だった(と思う)

 今回ロボット座談会さんの提案で出展者の方に名札をプレゼントすることにしました。これは結構好評だったと感じています。直近のイベント、大垣ミニメイカーフェアに出られている方で名札をそのまま使ってくださっている方もいらっしゃいました。嬉しいですね。

インタビューで思わぬ内容を聴けた

 普段お会いしている方の作品だと何となく理解したつもりになっていることがあることに今回気がつきました。インタビューのサポートで横から話を聞いていたことで思わぬ発見があった感じです。他の方の視点で質問するとまた違った話になるというのもまた楽しい気づきでした。これはインタビューをしないと気がつけなかったことだと思うのでロボット座談会のお2人にお礼をお伝えしたいと思います。ありがとうございました。(読んでいるかわかりませんが)

ネットのみの知り合いの方に直接会えた

 何人か、オンラインのみで関わったことがあった方に直接お会いしてお話しさせていただくことができました。三現主義ではないですが、現物を見ながら話をするとやはり理解も深まり楽しいのでオフラインイベントには定期的に関わりたいなと思います。見学でいらしてくださっていたことを後から知った方も何人かいらしたので今度機会があったらご挨拶させていただきたいと思います。

まとめ

 やってみないとわからないことがたくさんありました。次回開催時はこの記事を見返して活かせればと思います。次は2月のNT加賀に参加したいです。その後は3月の千葉のつくろ○○でしょうか。読んでくださり、ありがとうございました!

つくろがや!を紹介いただいた記事

 からあげさん、GTBさんがつくろがや!の記事を書いて下さりました!ぜひこちらも読んでいただけましたら幸いです!

karaage.hatenadiary.jp

t.co

ぼっち・ざ・ろっく!8話が刺さった

※この記事はものづくりにあんまり関係ないです
2022年秋にアニメ放映中のぼっち・ざ・ろっく!の8話が私の心の何かに良い意味でぶっ刺さりました。 吐き出さないと居ても立っても居られない気持ちになったのでブログに書きます。

ぼっち・ざ・ろっく - STORY | TVアニメ「ぼっち・ざ・ろっく!」公式サイト

ネタバレを含みます。ある程度知っている前提で書きます。後、勢いで書くのでおそらく文が乱れます。

8話の「ライブの日、一曲目で緊張からうまく演奏できなかった「結束バンド」のメンバーに対して、人見知りの主人公のぼっちちゃんが一念発起してギターをかき鳴らして二曲目の演奏を始めるシーン」が良すぎて良すぎて最後まで観た後に追加で2回観てしまいました。もうめっちゃ良い。泣いてしまいました。涙腺ガバガバ野郎です。
音楽の知識は全然ないのでギターのテクニック的なところは何もわからないんですが、俗に言うエモーショナルな感情が流れ込みました。結構久しぶりにグッと来たのでなぜこんなに刺さったのかを自分で考えてみたくなってこの記事を書いています。とりあえず思いつく理由を書いてみます。

①元々ライブに行くのが好きだった
大学の頃からロックバンドのライブに行くのは好きでした。最近コロナで行けていませんが、好きなバンドのライブではめっちゃ飛び跳ねます。元も子もないですが、元々好きなテーマのアニメだから自分の実際の経験を想起して感情がたかぶった部分はありそうです。

②悔しがるシーンがたぶん好き
しばらく前に「響け!ユーフォニアム」のアニメの聖地巡礼をした記事を書きました。こちらも細かい内容は伏せますが、めちゃくちゃ悔しがるシーンがあります。このシーンも最高です。思えば、ここも学生の頃にロボコンでものすごく悔しい思いをした記憶を重ねているかもしれません。

書いてみて気がつきました。理由の共通点は自分の経験に何らか紐づいていることではないでしょうか。色んな作品を楽しめる様になるにはまず自分自身が色んな体験をすることなのかもしれないですね。いや、でもメイドインアビスとか経験と紐づかないですね。そう考えるとすごい。まだ何か気づいていないことはありそうです。

まだ疑問もありますが、文にすることでど素人なりに少し整理ができた気がします。めかとろろでも何かしら誰かの気持ちを揺さぶれる様な話を描きたいなぁと思います。後、「これめっちゃよい!」と感じられる感性を持ち続けたいです。
そういえばこういう記事は読み返すと恥ずかしいんであまり読み返さないことにしていますが、書きたくて書いているので割と良い記事になっている様な気もしています。読んでくださりありがとうございました。

【イベント告知】11/12つくろがや!@名古屋

ものづくりイベントが好きです。 好きすぎて毎回の様に出展レポートを書いてしまいます。ご興味持っていただけましたらレポートのタグをつけている過去の記事をぜひ読んでいただけたら嬉しいです。

ただ出る度にふと思うのですが、この楽しさを、「ものづくりイベント自体」を知らない人も多いよなと感じています。 自分や工作仲間と楽しむのもこの上なく楽しいのですが、最近は欲が出てきて好きなことを広めたいと思う様になりました。 とは言っても身近な人に急に「新幹線で1.5hくらいかけて、ものづくりイベントに遊びに来てよ!」と言っても9割の方は「じゃあ行ってみるか」とはならないでしょう。

それならばどうすれば良いのでしょう? 自分で近場で開催してしまえば良いのです。 果たして呼びかけた方がどれだけ来てくださるかは分かりませんが、「イベント出るから来て」より「イベントやるから来て」の方がきっと伝わるパワーが強いです。

という訳で前置きが長くなりましたが、11/12(土)に名古屋で「つくろがや!」というイベントを実施します!

つくろがや! | みんなのものづくり展示会

私が愛知県に住んでいるので名古屋で開催です。NTイベントという「ものづくりなら何でもOK」のイベントが日本各地で行われているのですが、金沢、富山、加賀、鯖江と北陸がとても多く、常々うらやましいと思っていました。東海でもNT名古屋や伊勢ギーグフェアや大垣ミニメイカーフェア等イベントはあるのですが、一回自分達で開催してみたいと思って動き出したら止められませんでした。

今回、元々福岡、大阪、広島でつくると!つくろか!つくるけぇ!を運営されていたメンバーの方には大変お世話になっています。ありがとうございます。また、つくろがや!の運営に協力いただくメンバーの方、当日のインタビュー協力のロボット座談会のお2人、ご出展のみなさま、見学に来ていただく予定の方にお礼をお伝えしたいです。本当にありがとうございます。 初開催なので予期せぬトラブルや至らない点もあるかもしれませんが、可能な限り迅速に対応させていただきますので、何卒よろしくお願いいたします。

また、万一クラスター発生時の連絡手段としての目的のみでメールアドレスと電話番号をいただいています。当日受付でもご登録いただけますが、事前にご登録いただきますとスムーズに入場できますので事前にご登録いただけましたら幸いです!

つくろがや!来場者 連絡先情報

色々準備をしていたら非常に直前の投稿になってしまいましたが、今からとても楽しみです! よろしくお願いします!!!

【レポート】NT富山へ出展された方の作品と感想とその他

9/17-18に開催されたNT富山に出展してきました。 ツイートした内容をベースにできるだけさらっとレポートしようと思います。

wiki.nicotech.jp

写真を撮る際には基本的に許可をいただいていますが、 掲載NGや誤りがある方はお手数をおかけしますが、コメントをお願いいたします。 対応させてください。

また、ツイートの数等にばらつきがあり、出展者の方ご不在のタイミングで話を聞けていなかったりと全ての作品のご紹介はできていません。 すみませんが、他意はありませんのでご理解いただけましたら幸いです。

目次

こちらの公式ツイートを参考に、上から順に書いていきます。

音楽研究所さん

twitter.com

毎度おなじみのロボットの演奏される作品とミャクミャク様を被ったコミュニケーションロボットを展示されていました!似合ってますね! 物体認識したものの名前を読み上げるようだったのでもっと色々かざして動画を取ればよかったと後から思いました! ありがとうございました!

HAL900さん

twitter.com

twitter.com

ご本人には都合によりお会いできませんでしたが、にゃるらとさんに説明お伺いしました! ボールが転がって接点がON/OFFするチルトセンサでコマンドを送ります。 市販の足踏み運動装置に手軽に取り付け可能でVRでの使用を想定されているとのことでした!おもしろい! ありがとうございましたー!

そういえばコミケでホイールのキット買わせていただいたのでいつかタイミングをみて組みます。

hal900hp.booth.pm

北陸大学ものづくりラボクリエイティブ研究会さん

Twitterなし

ペットボトルのフタを溶かして?キーホルダを作られたり、スタックチャン基板を売られていたり、 ジオラマを展示されたり色んな展示をされていましたが、中でも気になったのはこの展示でした! 小学生向けにワークショップ的なことも開催されていて、実際にツイートの内容の様なことをされているそうです。 めちゃくちゃ楽しそう。 認識誤りがなければ運営の方もご実施されていていたと思います。 ありがとうございました!

TMDものづくり工房さん

twitter.com

話し込んで写真撮り忘れてしまったのでご本人の写真をお借りします。 座禅マシーンとMDF足踏み消毒器等を展示されていました! 座禅マシーンは2号の計画が持ち上がってパーツはカット済みとのことで、とても楽しみです! ありがとうございました!

片山津わくわく工作部さん

Twitterなし

マイクロビットで制御して動くロボット、ねぎのブレード、モールス信号Micro:Bit等を展示されていました! それぞれ魅力的で楽しくお話し聞かせていただきました! 個人的にはモールス信号には何か可能性を感じました光とかでも面白そう? ありがとうございました!

無線パーツ部品販売所さん

Twitter??

何と今回、電子部品屋さんがご出展されていました! 2回目にしてそんなコラボをされるとは運営の方はすごいなぁと勝手に思っていました! 私もよく使うM5StickCPlus等も売られていて個人的には親近感がわくラインナップでした! またツイートの様な会話もあったりとその後購入されたかまではわかりませんが もし微力ながら売り上げに貢献できていたらうれしいです。 ありがとうございました!

理工学AtoZ、湊屋、えとせとら研究所さん

twitter.com

https://twitter.com/senbankou21twitter.com

twitter.com

twitter.com

twitter.com

twitter.com

twitter.com

twitter.com

twitter.com

twitter.com

3つのサークルが重なっていたので関連の方のTwitterを一気に貼ったら大変なことになりましたw もし認識できていない方がいたらすみません。ご指摘ください。 全ての展示の写真は撮れていないので抜粋してご紹介します。

全体の写真を撮りそびれてしまったのですが、ものづくりの鳥さんが軸受け以外は3Dプリンタ出力にこだわられた機械式の時計を見せていただきました。 子気味良いカチカチ音が好きすぎます。大垣のミニメイカーフェアにご出展予定とのことで楽しみです!

えんじゅさんとぜろωさんとミントさんはコミケで本を買わせていただいたので、改めて現物を興味深く拝見させていただきました!

atoz-enju.booth.pm

et-cetera-lab.booth.pm

mechatro.booth.pm

GTBさんが自作のアンテナを展示されていました。アマチュア無線の資格をお持ちとのことで、奥の深い世界を垣間見ることができました。

まこさんは圧電素子で足踏みするとMIDIの曲が流れる作品を当日会場で仕上げてばっちり動作されていました! 見ているよりも実際にやるととても楽しいので機会があれば体験することをおすすめします。 また、圧電素子からマイコンへの保護としてLEDをうまく使われていて興味深かったです。

後、足踏み基板の制御基板がめちゃくちゃきれいでした。

運営、展示、お疲れ様です! ありがとうございました!!

4558Dさん

twitter.com

私は回路は全然詳しくないのですが、すごく丁寧に説明いただきました! 可変抵抗器の様に回して容量を変えられるコンデンサがあることを知らなかったので教えていただいたり、 elchikaの記事のリンクも教えていただいたのでこちらも貼っておきます!

文字数足りなくて書けていませんが、 上記ツイートのRとCはPCからコマンドを送ると自動で探索してくれて適切なものを選んでくれるイメージです。

elchika.com

elchika.com

とても面白かったです!ありがとうございました!

秋葉原ロボット部さん

twitter.com

色々な作品を展示されていました! 中でも驚いたのは下のツイートの作品です! 具体的な電圧の数値は忘れてしまいましたが、 「え!?そんなに!?」という電圧だったことだけは覚えています。

他にもそろばんのオムニのロボットやArduboyの作品の展示や本等を売られていました! オムニロボットはそろばん用の軸が輪っかになっていて、アクリルに溝をつけてはめ込まれていますが パラメータ調整が大変だったというコメントに納得感しかありませんでした。 私もレーザカッタを時々使いますが、カットせずに狙った溝を掘るのは結構難しいです。

ありがとうございました!

AmazingDiscoveriesLABさん

twitter.com

IchigoJamタミヤのキットを使った作品を展示されていました! IchigoJamは興味があるものの使ったことがなくて、 BASICで手軽に書けるそうなのでどこかのタイミングで手を出したいです。 後、途中からセンサで人を認識するとうちわをサーボで振っていたのがかわいかったです。

ありがとうございました!

元ロボット芸人髙橋ちゃんさん

twitter.com

どちらが良いか迷いましたが、マップ掲載時の名前にしました。 M5PPWalkerちょいガチ版を持って行ってコラボしていただいたのですが、 直前に他のロボットを壊してしまったとのことでピピ美ロボに見守られてのコラボになりました。 これはこれで何だかユーモラスで好きです。

後、ちょうど私の展示が反対面だったので、戻っていくピピ美ロボを動画におさめました。

他にも徳を積む積み木も展示されていました! 大垣ミニメイカーフェアにもご出展されるとのことなので この記事を読まれている方はぜひ生ピピ美ロボを見てみてください! ありがとうございました!

チームへぼさん

twitter.com

M5StickCが載った刀を振ると兜についたLEDでじゃんけんができるじゃんけん侍の展示をされていました! 旗などもあって本格的です! 後から知ったのですが、鎧も段ボールから作ったお手製とのことでした。 てっきり購入品と思い込んで質問すら思い浮かばないレベルのクオリティでした。 今回初出展とのことですが、70人近くの方とじゃんけんされていてとても楽しそうでした。

大垣ミニメイカーフェアにもご出展とのことなのでぜひじゃんけんしましょう! ありがとうございましたー!

kinnekoの薄い本屋さん

twitter.com

光の反射するフィルムをこいのぼりのてっぺんについている様な形状に組み立てて高速で回すとシャボン玉に見える作品や 反射フィルムと透明セロファンで光にかざすときれいな石のように見える作品、M5Puppy(たぶん廃盤?)をうまく活用する本等を展示、販売されていました! 動画でどこまで伝わるかわからないのですが、すごくきれいでしたー。

ありがとうございました!

PikoPikoFactoryさん

twitter.com

自作のシンセサイザーを中心に展示されていました! 音が出ると楽しいんです!とおっしゃられていて、確かになぁと納得してしまいました。 光るか音が出るか動きがあると結構興味を持っていただきやすい印象があります。 ツイートしそびれてしまったので出展者情報にあった動画を貼っておきます。

www.youtube.com

ありがとうございました!

RyomaLabさん

twitter.com

twitter.com

RyomaKさんは初期のつくると!や大阪のつくろか!の運営をされていた方です。 つくりま☆SHOWでお話しさせていただいていたのですが、対面でご挨拶させていただいたのは初めてでした! MRIや手回し式のマーブルマシンの展示や本を売られていました!1冊買わせていただきました! MRIはレベルが段違いで正直理解しきれていないですが、興味深くお話しお聞きさせていただきました!

また、現地でコピー本を作られていたようです。 最近本を作ったのでとても気になったのですが当日は見落としてしまっていました。

ありがとうございました!

ちょうあい多面体さん、なーしゃさん

twitter.com

恒例のくじを引かせていただき、バッグが当たりました!

twitter.com

他にもNGワードになりがちな言葉を頑張って 健全に並べるパズルも現物を初めて触りました!

なーしゃさんの方はタイミングが合わずご説明はお聞きできていませんが、 BLEで通信する展示をされていました! ありがとうございましたー!またくじ引きます!

kondou製作所さん

自作のスピーカを展示されていました! 私の耳が繊細な音を聞き分けられないので申し訳ないのですが、 内部に仕切りを設けたり、スピーカが動かない様に おもりを設けたりといった色々な工夫を教えていただきました!

twitter.com

ありがとうございました!

ミクミンPさん

twitter.com

環境センサという「温度を300℃位まで上げて温度を順に下げながら10点くらいガスがどれ位ついているかで変わる抵抗値のデータを取れる素子」があるそうなのですが、 それのデータを使って機械学習で物体のにおいを見分ける様な作品を展示されていました! グラフは横軸が時間、各色のものが各温度の検出値のイメージでだいたい合っていると思います。 驚いたのが、M5Atomでも十分動くとおっしゃられていたことで、K210の様な機械学習向けのチップでなくてもそういったことができることでした。

他にはAIカメラアプリBrownieや自宅サーバから繋いだ10TBの静岡県の点群データ等を展示されていました! 人がいないところまでちゃんとデータがあるそうで、とても興味深かったです!

ありがとうございました!

HAIONさん

twitter.com

英語が苦手なので今回は実際には体験しませんでしたが、 色々アプリ制作について教えていただきました! 定期的にiOS向けに何かをしたくなってMacがほしくなりますね。。

ありがとうございました!

秋月一紗さん

twitter.com

過去に実際に使われていた電車の案内板を手をかざしてコントロールできる展示をされていました! 表示側の回路はマイコンを使わずに制御されているとのことで驚きしかありません。 普段絶対に見ることができない表示機の中の構造を見せていただいて、面白くてとてもテンションが上がってしまいました!

ありがとうございました!

みやこ電子工房さん

twitter.com

twitter.com

おなじみのお世話になっているみやこ電子さんです。並んでの出展で配置いただきありがたかったです。 前回C100でご一緒に出展してからのアップデートとしては、光る様に改造した変身ベルトを追加で展示されていました。 詳しくはこちらご覧ください。

www.miyakodenshikobo.com

また、2日目はそうとう熟考されながらサーボモータを動かすプログラムを検討されていました。 この後原因不明で動かなくなったと聞いているので、これは幻の動画です。

他にはメカナムのロボや自作CPUのTTM8の展示とそれに関連した本を売られていました!

みやこ電子工房さんも大垣ミニメイカーフェアにもご出展されるとのことで、 自作CPUにご興味ある方は特にぜひご覧になってください!

パスコンパス&てーもん

twitter.com

twitter.com

最後です!

先にてーもん君の新作を紹介します。

これ、個人的にめちゃくちゃ好きなんですよね。 一般的にハンドルを回すと手回し発電機を思い浮かべますが、 これはあくまでステッピングモータの励磁を切り替えているだけなので電池が載っています。 MDFの外装と、カム、イヤフォンジャックの簡易スリップリングの芯の技術が組み合わさっていて素敵です。 他にはスバルのメータを使ったオーディオメータや垂直のコーヒカップ、ロボット型ムービングライトを展示されていましたー。

私は人間味マスク~2代目~とドッチノアシツイテルカワカルチャン、M5PPWalker、機構キーホルダを展示し、 メカトロ工作の作り方+マンガの「めかとろろ1」を売っていました。

今回の機構キーホルダのウォームは4日前には制作に取り掛かり、ちゃんと前日には完成していました。 ここ2回位の展示会では前日(当日)夜に作り始めていたので今回はとても計画的でした!

めかとろろ1は6冊持って行ったんですが、本当にありがたいことに全部買っていただきました。 以前に買っていただいたカワヅさんと螺屋なぎ(つぶやなぎ)さんから温かいお言葉をいただいたので 許可をいただいて帯にしました。めちゃくちゃ気に入っています。

また、ダイレクトに元気づけられたのは感想を直接言って下さったり、「アクスタかわいいっすね」と一言言っていただけたりしたことです。 これはあの、言われた本人にしか理解できないと思うんですが、たぶん読んでいただいてる方の想像の10倍位のバフの効果があります。 割とその感謝を伝えたくてこの記事を描いていると言ってもそこまで過言でないかもしれない? また、マンガを描かれている方もいらしてお話しできたのも楽しかったです。

露骨な宣伝で恐縮ですが、めかとろろ1はスイッチサイエンスさんでも買えます。 送料無料にするついでに検討いただけたら私が裏でガッツポーズをします。
めかとろろ 1 — スイッチサイエンス

後、これも宣伝で恐縮ですが、NT富山の最後に名古屋のものづくりイベント「つくろがや!」の開催日時の告知をさせていただきました! たくさんの方に楽しんでいただきたいので、しつこいくらい宣伝していきたいと思います。 10/2(日)の10:00頃から先着順で10組程度出展者募集しますので、ぜひご応募をお願いいたします!

tsukurogaya.nagoya

感想

おかしいですね。さらっと書こうと思いましたが一万字を超えました。 ただほぼ毎回書いていい加減慣れてきたのと、楽しかったことを思い出して書いているのでそんなに苦ではないです。 4~5時間でバーっと書きました。
そういえば今回感じたのは現地で開発されている方が多かったことです。 私も終了1時間前位に人間味マスクにセンスパージモードを搭載しようかと頭をよぎったのですが頭が回らなくて断念しました。

今回NT富山を楽しく過ごせたのは運営の方、出展者の方、見に下さってきた方のおかげだと思います。 特に運営の方は入場の案内から机の設営、片付け、アナウンス等本当に色々とありがとうございました。 また、こちらのやたら長い記事を読んで下さり、ありがとうございました!

ポエム(読まなくてもよいです)

これを読んでもし何か出展してみようかなぁとなる方がいたら嬉しいですね。 そうなんですよね。ちょっとここから深夜テンションでポエムを書き始めますが 割と本気で「全人類メカトロ工作すればいいのに」と思います。 プログラミング義務教育化で少しずつ当たり前になっていると思いますし、 ブロックプログラミング等、敷居が下がっていることを知らないだけの方もいると思うんです。

ちょっとしたものを作ったり、役に立たなくてもユーモラスな作品を作ったり、 更にそれを展示して交流する楽しさは体験しないとわからない部分があると思っています。 体験しないとわからないんですが、あえて言葉にするならば「無敵になれる」という表現を使おうと思います。 「自分が作りたくて作ったもの」はその行為自体にケチをつける人がいたとしても作った時点で無敵です。 仮に「何の役に立つの?」と聞かれても、「その人と気が合わなかったな」でよいのです。 逆に自分の作品に興味を持ってくれた人とはとことん話してみましょう。きっといわゆる「自己肯定感」が爆上がりすると思います。
普段、面と向かって誉められることってあんまり多くないのではないでしょうか。 作品で楽しんだり笑っていただけたらそれは純度100%で自分が作った作品を肯定いただけたことになって、それをダイレクトに観測できる機会が展示イベントだと思っています。
「めかとろろ」の根底にあるメッセージもそんな感じです。

めかとろろ1話 9/12より

また、自分が知らない分野の話を聞くと、それをこう活かせるかもしれないとどんどん世界が広がっていくのも楽しいです。 たぶん手芸とか、プラモとか、ミニチュアとかそういったところの知らない技術で作品に行かせることがあるだろうなと感じています。 そういう方々が交流しあえる場(主にNT○○?)が大好きなので、 名古屋でも敷居が低いものづくりイベントを増やしたいと思ったのが「つくろがや!」をやりたいと思ったきっかけです。 何か過去に違うこと言ったり書いたりしてるかもしれないですが、根っこの気持ちはぶれていないと思います。たぶん。*1 「つくろがや!」も楽しく続けていけたらなぁと思っています。

*1:1年前のブログを見返したらほぼ同じこと書いてました。とりあえず1年間はぶれてないといっても大丈夫そう?

yoichi-41.hatenablog.com

【恒例】振り返る記事(2020/9-2022/9)

毎年9月に色々と振り返る記事を書いています。 理由はパスコンパスとして活動し始めたのが9月だからです。 去年は半生を振り返っていたので、今年は2年分の活動を振り返ってみたいと思います。

yoichi-41.hatenablog.com

yoichi-41.hatenablog.com

目次

2020

つくりま☆SHOW(イベント) 9月 ※オンライン

一昨年の振り返りと一部ラップしていますが、 つくりま☆SHOWというオンラインイベントに参加しました。 この時、つくろか!系列の運営の方とオンライン懇親会でお知り合いになりました。 この繋がりが2022年に生きてきます。伏線です。

live.tsukuruto.net

この後はM5Creativity Contest(コンテスト)に作品を出してご紹介していただいたり、

NT鯖江に行って次の日にMFTに行ったり、OMMF2020へ見学に行ったりシリアルサーボを触ったりしていました。

NT加賀(イベント) 12月 @加賀

だいぶ久しぶりの現地出展でした。人間味マスクとM5PPWalkerとメロディンコと機構キーホルダ等を持って行っています。 やっぱり現地イベントは楽しいと思った記憶があります。

晦日ハッカソン(イベント) 12月 ※オンライン

コロナが大変な時期だったので実家に帰らず、大晦日に友達とUnityでゲームを作っていました。 主に絵とアニメーション担当でした。楽しかった。

もう一度

unityroom.com

2021

年明けのこの頃はあまり受けたくない資格試験の勉強をしなければいけないけど したくないとダラダラ過ごすという地獄の様な休日の過ごし方をしていました。 3月に試験が終わったのでそこから動き始めます。

超作フェス 4月 ※オンライン

アカウディオン

オンライン越しにプレイできる射的ゲームの的として、 アカウディオンというアコーディオン+牛(カウ)の作品を作りました。 OSC通信でスマホと通信しています。

www.nicovideo.jp

Maker Faire Kyoto 2021(イベント) 5月 ※オンライン

オンライン作品投稿があったのでアカウディオンを投稿しました。 気に入っていたのでだいぶ長いことプロフィールに固定していた記憶があります。

NT金沢(イベント) 6月 @金沢

NT金沢に出展しました。人間味マスクとハニワンハンド(未完成)とアカウディオンと機構キーホルダです。 ハニワンハンドは精密なロボットアームに対するアンチテーゼの意欲的(?)な作品なのでいつか完成させたいです。

そして久しぶりの現地イベントへの思いをぶつけた長いレポート記事を書きました。

yoichi-41.hatenablog.com

yoichi-41.hatenablog.com

9月の振り返りの絵

この年は振り返り記事は書いていないですが、 この絵が振り返りの代わりになっている気がします。

M5Creativity Contest(コンテスト) 9月 ※オンライン

スタックチャンにインスパイアされたマトリクスチャンという作品を投稿しました。 これも動画中にちらっと触れていただいて嬉しかったです。

機構キーホルダ サイクロイド

後、機構キーホルダも新作を久しぶりに作っていますね

CNCを買う

CNCフライスを買ってニヤニヤしてました ただ、アルミを削ったら一般家庭からしていい音でない音がしたので 一旦箱を作るまで寝かせています。

Vtuberっぽくなる

からあげ先生の本を参考にオンライン時に顔を出さなくて良い画面を作りました。 何かいろいろやってますね9月。

ロボット座談会(イベント) 10月 ※オンライン

初めてリアルタイムで配信するイベントに出ました。 めちゃくちゃ緊張しましたが、自分にない視点もあって楽しく過ごせた記憶があります。 ただ、見返すのは何となく怖くていまだに見返せてないです。 また、ここで名古屋のものづくりイベント「つくろがや!」を実施することを発表しました。

www.youtube.com

NT富山(イベント) 11月 @富山

初開催のNT富山に参加させていただきました。 人間味マスク、マトリクスチャン、機構キーホルダ、そしてめかとろろの1話を持っていきました。 今まで工作だけだったので自分の趣味をあらわにするマンガを持っていくのが受け入れていただけるのか すごく心配だったのですが、暖かいコメントをいただけてすごく嬉しかったことが印象に残っています。 左の2つはてーもん君の作品です。

12月にM5StickCクッションを買った

この月は特に書くことがなかったのでM5StickCクッションを買ったことを書いておきます。

2022

NT加賀(イベント) 1月 @加賀

この時は1人参加でした。人間味マスク、M5PPWalker、機構キーホルダ、めかとろろ1,2話を持っていきました。 絵を描いていることをオープンにしていったことで絵を描く友達ができたのも密かに嬉しかったポイントです。 この時は展示方法を工夫して機構キーホルダ人気投票をした記憶があります。初代が一番人気で悔しかった記憶があります。

ロボコン(イベント) 2月 @現地&オンライン

身内のロボコンを主催しました。 今回は青木晃也君の全面協力のもと、赤外線の射的のルールでした。 下の動画は赤外線照射ユニットです。

遊園地モチーフで各自的を作って持ち寄る形式としました。私のチームの的です。

3月に光のワンダーボックスを作り始めたりROS2で遊ぶ等

まだ未完成なのですが、光のワンダーボックスという作品を作っています。 そのうち展示会で出します。

後、去年の秋位から友達と一緒に定期的にROS2を触って遊んでいました。 こっちもなかなか形にできていない…。

Maker Meeting for Maker Faire Kyoto 2022(イベント) 4月 @京都

コロナの関係で出展者とワークショップ参加者のみに絞ったイベントに出させていただきました。 開催いただけただけでありがたいなぁと思いながら参加させていただいていました。 人間味マスク(初代、簡易版)、M5PPWalker、機構キーホルダ、めかとろろ1-3話を持っていきました。 この時も展示方法を工夫して、「顔の絵を描いてもらって人間味マスクが反応するかを試してもらう」という方法で展示しました。 ワークショップのお子さんが多かったので反応が良かった記憶があります。 また、この辺の頃から前日や当日に機構キーホルダの新作を作るのが習慣になってきます。

yoichi-41.hatenablog.com

NT金沢(イベント) 6月 @金沢

人間味マスク(初代、簡易版)、機構キーホルダ、めかとろろ1-4(途中)話と、フェイクニュースラジオを持っていきました。 フェイクニュースラジオはAIサービスをふんだんに使って嘘のニュースを喋らせる作品で、 友達と楽しく作りましたが当日はなかなか説明に苦労した記憶があります。 左の3つはてーもん君の作品です。

機構キーホルダ新作。

yoichi-41.hatenablog.com

そういえば、CMコンテストにも応募していました。

C100(イベント) 8月 @東京

人生初のコミケ出展です。 7月はめかとろろの解説記事とそれの作品を作りこんでいました。 普通旅行に行く様なリフレッシュ休暇を全て原稿執筆につぎ込んで173ページ書き上げたのがめかとろろ1です。 本当に大変でした。当日は顔見知りの方がたくさん遊びに来てくださって本当に嬉しかったです。

また、めかとろろ1は最近スイッチサイエンスさんで委託販売も始めたのでぜひ。

めかとろろ 1 — スイッチサイエンス

NT富山(イベント) 9月 @富山

ついこの前、NT富山に出展させていただいてきました。 ひっきりなしにお客さんが来る様な展示会と、そうでなく出展者同士が話し込める展示会と どちらも比べることのできない魅力があると思います。 NT富山は本当に2日楽しく過ごさせていただきました。ありがとうございました。 人間味マスク~2代目~、ドッチノアシツイテルカワカルチャン、M5PPWalkerちょいガチ版、機構キーホルダ、めかとろろ1と5話の途中です。

めかとろろ1に載せるために作った人間味マスク~2代目~は私にしかわからないのですが組み立て性、可搬性が非常に改善されています。

そういえば同じ9月のMaker Farire Tokyoはパスコンパス3年目で顔見知りの出展者も増えてきたこともありとても楽しく見学させていただきました。 1人ゲーム関連の会社で働いている友達を連れて行ったのですが、楽しんでくれたようで良かったです。

M5CreativityContest(コンテスト)  9月 ※オンライン

恒例のM5コンテストです。今回はめかとろろ1で作ったドッチノアシツイテルカワカルチャンを投稿しました。

protopedia.net

今後…

ちょうど今日大垣ミニメイカーフェアに受かったご連絡をいただいたので12月に出てきます!

つくろがや!(イベント) 11月 @名古屋

また、一番告知したいのは「つくろがや!」です 11/12に名古屋で実施予定のものづくりイベントで、 10/2の10:00頃より出展募集しますのでぜひご検討いただけたら幸いです!

twitter.com

t.co

まとめ

最近は現地開催イベントも増えてきてどんどん参加しているので振り返ってみたら大変楽しいことになっていました。 今後もやれることをやって楽しくものづくりができたらいいなぁと思います。 読んで下さりありがとうございましたー。

【観光】「響け!ユーフォニアム」の聖地を巡ってきた

 今回は完全に趣味の回です。 物理的なものづくりの話は全く出てきませんが、何かに打ち込むことの楽しさの話はします。 割と個人的には「誰かが何かが好きで、そのことについて熱く話している話」を聞くのが好きですが、一般的にはどうなんでしょう。ご興味あれば読んでいただけたら嬉しいです。

 GWのMaker Meeting For Maker Faire Kyotoの後、京都で一泊して観光をしてきました。観光といってもお寺めぐりではなく、「響け!ユーフォニアム」という宇治が舞台の吹奏楽のアニメの聖地を巡って来ました。

目次

響け!ユーフォニアムとは?

 少し冷めた雰囲気でついいらないことをポロッと言ってしまう主人公「久美子」が高校に入学し、様々な出来事を経ながら成長して吹奏楽部で全国大会を目指す青春物の作品です。
 私はほぼ音楽ができない(かろうじてピアノで猫ふんじゃったが弾けるレベル)のですが、この作品にどハマりしました。音楽にあまり詳しくない人にも刺さる魅力が、この作品にあると感じています。この記事の前半では今まで「響け!ユーフォニアム(以下ユーフォ)」を観たことがない人が「ふーん面白そうじゃん、観てもいいかも」となることを目標として書きます。

この作品の魅力について

 私が思うこの作品の魅力は大きく分けて3つあります。

  • 展開がめちゃくちゃ熱い
  • 演出や背景の描写、現地の再現度が高く入り込める
  • 見るたびに発見がある

 1つ目です。展開の熱さ、素晴らしさについて、具体的なネタバレにはならない様に注意しながら書きます。最初久美子は冷めており、一歩引いています。何ならば「高校では吹奏楽部に入らなくても良いかも」と思っているレベルです。それに対して同じ中学の吹奏楽部出身の麗奈は吹奏楽に対して全力で取り組んでいます。一期ではこの2人の対比や関係性の変化が見所です。コンテスト、試合、受験勉強、何でも良いですが、「何かについて全力で頑張った経験」のある方にはグッと来るものがあると思います。私の場合はロボコンと重ねて観ていた部分があるかもしれません。
 「好きだからやりたい、好きだから頑張れる」というメッセージも随所に散りばめられていると感じています。何か例えば趣味で創作をしていて精神が弱ると「何のためにこれをやっているんだろう」と思うことがあります。そんな時にユーフォを観ると「自分がやりたくて始めたんだ、それで良いんだ」と前を向けるケースもあるでしょう。全員に当てはまるとは思いませんが、何回か見返しているうちにそういう部分が魅力なのではないかという気がしてきました。
 最近、何かをしたいと思って能動的にアグレッシブに動く時の原動力はそれに対する異常な執着心ではないかと思います。なぜそれに執着するのかを紐解いてシンプルにしていくと、結局「そのことが好きだから」に行き着くのではないでしょうか。

 2つ目です。背景や楽器の描写がリアルですごいです。これがどれ位かというのはいくらここに書いても伝わらないと思うので騙されたと思って一度観ていただきたいです。アマゾンプライムビデオで見られる様です。私はユーフォを観たくなってDアニメストアの30日間無料登録に登録してまんまとその後も契約し続けています。話が逸れました。
 描写がすごいと言える根拠としては「緻密に実際にある風景が再現されている」というところがあります。いわゆるアニメの聖地と言われるものになりますが、ユーフォはその解像度が著しく高いです。劇場版一作目の副音声でとあるシーンで「この年のこの時期なら月はこの位置に見えるはず、と調整して星空を描いた」というコメントをするシーンがあります。それ位実在感、現実感にこだわって描かれています。少し調べると、「主人公の家がどこにある設定で、学校がここの駅から降りたこの位置にあって、ここのベンチで練習をしてから家に帰ったのか」等と手に取るようにわかります。何ヶ所かアニメの聖地に行ったことがありますが、ここまでのレベルで設定が作り込まれているケースは他には知らないです。
 ここの部分が実はとても大きいです。私も宇治に行くまでは実はユーフォのことは「まぁ割と好き」位でした。そこからたまたま実際に行って再現度に驚いて、改めて見直してBD買って、また宇治方面に用事があると寄って、まだ行っていないところに行って…という具合にズブズブ沼にハマって行きました。京都がお近くの方はぜひふらっと遊びに行ってみてください。平等院鳳凰堂も近くにあり、色々普通の観光もできるので楽しくておすすめです。

 3つ目です。 上の2つ目と重なる部分もありますが情報量が多いため、観る度に発見があります。今回宇治に遊びに行くので改めて見直したのですが、いくつか今まで気にしていなかったところに気がつきました。

  • オープニングの登場人物名のひらがなが音楽記号に置き換わっている瞬間があること
  • リボンをつけた登場人物のリボンの色が大会の時は大人しい色になっていること

 それ以外に最近気づいたのは、描写というのか演出というのか分からないのですが、友人の葉月がベンチでシルエットになっていて返事をもらうシーンで「まつげが動いてまばたきを表現して少しだけ首が動くところ」等も個人的に好きですね。全く派手な動きでなく心情が表現されていてすごいということに見返しているうちに気がつきました。

とりあえず観るなら…

 初めて試しに観る方へのおすすめは劇場版1作目を観ることです。TV版の一期がとても綺麗にまとまっています。省略されたエピソード等もあり少し駆け足にはなってしまうので、できればTV版がベストですがお試しは劇場版で大丈夫だと思います。ここで何か刺さるものがあればTVの一期、二期や劇場版2,3を観ましょう。
 劇場版1作目を見る際に知っておくとストーリがわかりやすくなる予備知識としては「ダメ金」というキーワードがあります。吹奏楽の大会では金賞にも2種類あり、次の上の大会へ進める金賞と進めない金賞があります。後者を「ダメ金」と呼びます。知らなくても何となく分かると思いますが、これを知っていると理解しやすいです。

今回行ったところ

 ここからは今回行ったところについて書きます。ちょっとまだ観ていない方は伝わらない部分もあるかと思います。すみません。
 今回は元々1人でふらっと巡ろうかと思っていたのですが、当日は関西にいる大学時代の友人に声をかけて一緒に見てまわりました。彼は元々ユーフォを観ていた訳ではなかったのですが、たまたまオーケストラや熱い展開が好きだったりということで一期、二期、劇場版3作目を履修してから遊びに来てくれました。「時間があれば一期をちょっと観てもらえたら大丈夫」と伝えていたのでここまで観てくれてとても嬉しかったです。熱が入って当日は1日で30,000歩位歩きました。

JR宇治駅前のポスト

 お祭りの日の待ち合わせのシーンですね。形のインパクトが強いので目立ちます。

ガスト

 京阪宇治線の近くのガストで朝ごはんを食べました。余談ですが倒木のためJRの電車が止まっていたり小雨が降っていたりとちょっとハードモード気味なスタートでした。こちらのガストも本編でチラッと映ります。

天ヶ瀬ダム

 今回一番行きたかった場所です。ちょっと距離があるので1回目と2回目来た時は看板は見たものの、諦めていました。ちょっとした山道を通りながらダムまで着いて軽い達成感も感じられました。アニメの画像と比べると季節的なものか何年か経ったからか左の方にツタが絡んでいました。調べると近くに本編でここに寄った理由の施設も見つかりましたが、そちらに行くのはやめておきました。

大吉山展望台

 山道を戻り途中で分岐を曲がって、展望台に行き一休みしました。ここは夜のシーンで何度も出てきます。ただ、怪我人が出たのか「夜登るな!」という看板がありました。安全第一。

大吉山山道

 ここの木の曲がり具合がドンピシャで数年前来た時ともそのままでテンションが上がりました。ずっとこのままであってほしいです。

宇治上神社宇治神社

 本編と逆順にまわって川の方へ降りていきます。宇治上神社の方は何かイベントの準備をしていた様です。前回見落とした雨宿りの場所を見つけたので満足です。

朝霧橋のたもと

 久美子と秀一が話していたところだと思います。 改めて見ると滑り落ちると川に直行しそうな場所でした。

喜撰橋

 劇場版3作目の冒頭の橋だと思います。前来た時は3作目が上映前だったのでノーマークでした。

喜撰茶屋

 ここの左隣が設定上は久美子のマンションとのことです。マンションは実在はしません。

ベンチ

 iPhoneのデフォの地図にも載っています。頻出ポイントです。

宇治橋西詰の時計

 ここの時計もOPで何度も観るのでついつい来るたび写真を撮ってしまいます。

宇治橋

 ここはほんとに良くて、一期の個人的にめちゃくちゃ好きなシーンでこちらこらこちらに移動したなというのが肌で分かります。夜に来て電車を眺めるのも良いです。

京阪宇治駅

 ここもよく出ます。今回、高校のモデルとなった2つ隣の黄檗駅へ向かいます。見直した直後だったので何番線の案内看板がそのままでテンションが上がりました。

黄檗付近の踏切

 ちょっと南に行ったところの踏切です。ここは他のサイトを参考に写真を撮りましたが、どんなシーンで出たか覚えていなかったのでまた観返そうと思います。

セブンイレブン

 下校途中たむろしているコンビニです。意外と住宅地の中にあるんだなという印象でした。来るまでは宇治駅前のイメージだったので。

隼上り瓦窯跡からの高校

 昔の窯の跡がちょっとした公園になっていてそこの上から高校が見えます。この辺りからは生徒の方や近隣の方が映ったりしない様に、不審に思われない様に細心の注意をはらいながら写真を撮りました。

羽戸山緑地の階段

 この辺りは今回初めて来たので最高でした。二期で印象的なシーンです。ここを通って下校しているのかと考えると解像度がめきめき上がります。

階段の上の柵の辺り

 ここも一期で印象に残っていたので現地にいったら気がつきました。アハ体験に近い感覚でした。作中では夜です。

羽戸山第3児童公園

 ここはいつ出てきたかちょっと記憶が曖昧なので見直そうかと思います。

高校

 ここは特に迷惑にならない様に不審に思われない様に気をつけながら写真を撮りました。周りに学生さんや近隣の方がいないことを確認してから校門の付近を写真を撮ってそそくさと退散しました。ただ、めちゃくちゃただならぬ「その場にいる感」を感じられたので最高でした。

サイゼリヤ

 最後に宇治に戻って3作目でも出てくるサイゼリヤに行きました。混んでいたので席はおそらく違うところでしたが、壁の模様がこんな感じだった気がすると友人と2人で盛り上がりました。

まとめ

 この記事でお伝えしたかったのは2点です。

  • お試しでいいので響けユーフォニアムを観て欲しい

  • 聖地に行くと解像度が上がってめちゃくちゃ楽しい

 また、ちょうど6月頭にイベントがあった様で、そちらで3期と劇場版中編が発表されました。また盛り上がってくるのかなと思うと楽しみです。こんな記事は書きましたがまだイベントには行ったことがないのでいつか行ってみたいと思います。好きなバンドのライブに行くと、楽しすぎて涙が出てしまう位涙腺ガバガバなのでコンサートもそんな感じになるかもしれません。好きなバンドの話もいつか書きたいですね。直近のユーフォのイベントはコミケと重なってしまっていたので見送りますが、その次はできたら申し込んでみようかなと思います。
 長い記事になってしまいましたが、読んで下さりありがとうございました!

参考サイト

 こちらのサイトが聖地の説明がとても詳しくて参考になりました。

ぶらり聖地巡礼の旅 響け!ユーフォニアム【 場所別まとめ 】

追記 2022/8/14

 上の記事はGW後にガーッと書いた後に写真を貼り付けるのが面倒で寝かせていたのですが、きっかけがあったので仕上げて投稿しました。きっかけはサマーコンサートに行ってきたことです。 一緒に聖地巡りをした友達も一緒に行きました。

 結論から言うと最高でした…。最初の曲が新情報解禁の時に流れるBGMなのでそれだけでもテンションが上がるのに加えて演奏者の方々がとても楽しそうに演奏されていて視覚的にも楽しくなってしまいました。ソロパートもリアルタイムで生で聴くと迫力があります。途中のトークでも愛されている作品なんだなぁと改めて思いました。
 途中OPを歌われているTRUEさんが歌われたり、ここでしか聴けない朗読劇を聴けたり実際に行ったファミレスで4人が話している光景が目に浮かぶ様でした。また行きたいと思います。
 いやー良かった…。良さをより伝えられる様な語彙力が欲しいです。今のところテンションのままに書き殴る以外の方法を知りません。とりあえず名古屋に帰ったらまた見返します。色々好きなことやものがあって、それらを楽しめるというのは本当に幸せなことだなと思いました。